カテゴリ:読書。( 1 )

流星の絆

ブログもせずになにをしているかと言うと東野圭吾さんの「流星の絆」を読んでました。
推理小説なので先が気になって気になってついつい読みふけり、昨日なんて夫もいるので
家事も半ば放棄して読み終わりました。

ストーリーは何となく先が読めるようで少し裏切られる感じで、だからこそ先が気になると言うか
久々にこの人のほかの作品も読んでみたいと思いました。夫が後何冊か持っているから
また読みふけってしまいそう。
[PR]
by tsugutsugu830 | 2008-09-10 10:29 | 読書。